浮気相手・不倫相手の調査

探偵の調査で浮気相手が判明したら、その浮気相手の詳細情報を入手しましょう。
浮気調査の結果、ご主人・奥さんの不倫相手がわかったら、その人物の詳細を調べておくべきです。この調査は、別途扱い、別途料金となるのが普通です。

不倫相手を調べて判明したことは、トラブルを未然に防いだり、裁判の資料として使えることから、重要な情報資料と言えます。


浮気相手・不倫相手の調査が必用な理由

浮気相手 浮気調査の結果、場合によっては離婚裁判や調停に発展するケースがあります。このときに不倫相手の情報が無いと話になりません。

浮気調査で、夫または妻の浮気相手が判明したら、その後の対応を考えると、その浮気相手の詳細情報を入手しておくべきです。

もし裁判に至った場合には、相手への慰謝料請求も意識しておく必要があります。

旦那さん・奥さんの浮気相手に直接話し合いを求める場合でも、不倫相手の情報を持っていれば、誓約書を書かせる時などの話し合いを有利にすすめることが出来ます。

浮気相手・不倫相手の調査で得られる情報

浮気調査で不倫相手が特定できた場合は、その不倫相手の住所・氏名・生年月日・勤務先・職業・財産・借金・既婚か未婚か・預金残高などのあらゆる情報が得られます。

夫・妻の浮気相手が判明したら、最低でも不倫相手の住所、氏名、生年月日、勤務先や職業、既婚か独身かを、探偵に調べてもらいましょう。

通常、浮気相手の人物調査は、浮気調査とは別の追加扱いとなります。
調査項目と料金、期間などを、よく確認して依頼することです。