浮気調査の上手な頼み方

探偵社に浮気調査を依頼するときに、上手な依頼方法があります。
あなたが上手に依頼すれば、探偵社の調査もスムーズに進み、満足のいく結果につながる可能性が更に高まります。

浮気調査の目的、何が知りたいのか、すでに判明していることなどをメモに整理して相談するのが賢いやりかたです。


探偵社・興信所への相談方法

探偵依頼 探偵社や興信所に電話やメールで浮気調査の問い合わせをした時に、なんとなく違和感を感じたら依頼は中止しましょう。

浮気調査の相談は、一回で終わらせる必用はありませんので、探偵社や興信所側と何度かやり取りをしてから依頼に進むケースもあります。

浮気調査の目的、何が知りたいのか、すでに判明していることなどをメモに整理して相談し、条件と料金を提示してもらった段階で、納得ができたら契約に進みます。

予算が限られている場合は、予算内でどの程度の調査が可能か、一番知りたいことだけでも調査可能かなどを教えてもらい、その範囲で依頼するのも一つの方法です。

ご主人や奥さんの不満を長々としゃべるだけで、何をしたいのかが分からないような相談話では、問題の解決になりません。また、日程の直前の変更や調査内容の変更を繰り返すことなどは、良い結果が得られない行為です。

浮気調査を依頼する時の事前情報

浮気調査を探偵事務所や興信所に依頼する時に、すでに判明している情報があれば、それを探偵に伝えましょう。

調査対象者の予定や訪問先、会社で使っている車のナンバー、普段使っているお店など、調査対象者に関する情報が多いほど浮気調査の役に立ちます。

探偵が浮気調査をする時には、あなたから得られた事前情報を鵜呑みにして業務を行うことはありません。 しかし、調査当日の対象者の行動が事前情報と大きく違った場合などは、浮気の可能性を予測する判断材料になったり、改めて更に踏み込んだ調査が可能になります。