浮気調査と離婚

浮気調査を探偵社に依頼して調査を行った結果、ご主人や奥さんの浮気が発覚し、離婚に至るケースがあります。

夫または妻の浮気が原因で離婚する場合には、慰謝料や財産分与、子供がいれば親権など、話し合いや裁判で決着を付けなければならない事が多くあります。


浮気調査で離婚を回避する

浮気調査 ご主人または奥さんの浮気を疑った時に、早めに探偵社に依頼して浮気調査を行うことで、離婚を回避することも可能です。

早めの対処は、浮気相手が妊娠したり、当人同士が離れられないほど本気になる前に、浮気の証拠を突きつけて別れさせることも出来ます。

浮気の証拠があれば、浮気相手に「内容証明」を送ったり、浮気をした双方に、二度と浮気行為を行わないという「誓約書」を書かせることも可能となります。

離婚を回避するために、探偵業の届出をしていない「別れさせ屋」などに、別れさせ工作を依頼することは、あなたのその後の生活を脅かすことに成りかねないのでやめましょう。

浮気調査から離婚を決意するまで

浮気調査を探偵社に相談する時には、離婚を意識して調査相談をする場合と、できれば離婚を回避したいという気持ちで調査依頼する場合があるでしょう。

離婚が成立するまでは、精神的・肉体的な困難が付きまとい、そのために、やらなければならない事も多くあります。

不貞行為が発覚した直後に、無理をして離婚しなくても慰謝料の請求は可能です。
可能であれば、冷静な判断ができるまで離婚を先延ばしにして、少し考える時間を作るのも良い方法です。

不貞の慰謝料請求は、不貞行為を知ってから3年間有効です。