浮気調査・不倫調査の料金・費用

浮気調査の料金、費用は、探偵社・興信所によって様々です。

調査料金の他に、交通費や宿泊費用、遠距離・人員・車両などの割り増し料金、撮影費用や機材費用などが別途で必用になる場合がありますので、契約前に確認しておくべきです。

浮気調査の料金・費用を知るためには、探偵社のホームページをたくさん見て、おおよその平均相場金額を把握しておくのが良いでしょう。上手な選び方のコツは、高過ぎたり安過ぎる料金の探偵社を、検討対象から除外することです。


浮気調査・不倫調査の料金・費用の決め方

浮気調査料金 「浮気調査の料金はいくらですか?」
あなたから、このような質問をされても、探偵社側としては正確な金額を提示することは困難です。

引越し業者に電話をして、いきなり引越し費用はいくらですかと聞いても、正確な見積もり金額が提示されないのが普通です。

引越し業者であれば、部屋の大きさや荷物の量、ピアノなどの重量運搬が必要か、一戸建てかマンションか、どこからどこへ引っ越すのかなど、たくさんのチェック項目を確認しないと、正確な見積もり金額を出せないからです。

浮気調査の料金や諸費用については、あなたから詳しい情報を聴取した上で、調査対象者の普段の行動パターンや交通手段、張り込み場所や方法、人員、車両手配などの方法が決まってから、金額が提示されるのが自然です。

探偵業者の中には、車1台、調査員2人で基本料金3時間○万円。延長料金が30分ごとに○円。県外に出たらプラス○円。高速道路料金、駐車料金、宿泊代は別途。それ以外の撮影や報告書作成、ガゾリン代などの費用は全て基本料金に含む。などと調査料金を分かりやすく簡略化している探偵事務所もあります。

単純に、○○時から○○時まで調査対象者の行動監視を行って、報告書を作成し証拠映像を添付して、全ての諸費用込みで○万円という料金の決め方もあります。

高すぎる浮気調査の料金と費用

浮気調査の料金が7日間で200万円。諸費用別途。
車2台、バイク1台、調査員5名が24時間×7日間連続して調査をすれば、計算上は、成り立たない数字ではありませんが、この浮気調査に車2台とバイクが必要なのか、調査員が5名とも24時間続けて、対象者の行動監視をする必要があるのかが疑問です。

電話帳などに高額な大きい広告を載せて、電話営業の女性社員を多く抱えている探偵社では、広告代と人件費を稼ぐために必死です。どうしても調査料金が高額になりがちです。

安すぎる浮気調査の料金と費用

浮気調査の料金が5日間で5万円。諸費用込み。
浮気の手がかりから、他の何かを割り出す調査に5万円というのであればいいのですが、対象者の行動を監視する必要がある浮気調査では、5日間の調査スケジュールを良く確認する必要があります。

この金額で本当に調査をしていれば良いのですが、適当な報告をして調査をしたように見せかけることも考えられます。調査対象者の出社状況などは、電話一本で簡単に済んでしまう可能性もあります。

安い費用に騙されて、意味の無い調査を依頼するのは、結局、お金の無駄遣いになってしまいます。