浮気の証拠・不倫の証拠(不貞行為)とは

浮気・不倫の証拠とは、不貞行為があった証拠のことを言います。不貞行為とは、配偶者以外の異性との性交の事です。離婚裁判では「性行為の存在を確認ないし推認できる証拠」を提示する必要があります。

不貞の証拠には、探偵が行った浮気調査による報告書や証拠画像などの他に、浮気を認めた念書などの文書があります。


探偵の報告書による浮気の証拠

浮気の証拠 探偵が作成した報告書には、浮気調査の日時、調査対象者、場所、行動内容、証拠映像(画像)などが詳細に記載されていて、離婚裁判の時に証拠として提出されます。

浮気調査をする前に、調査の結果で不貞行為があった場合、離婚裁判に発展する可能性があることを探偵社に伝えておきましょう。

浮気調査が成功しても、報告書が粗末で信憑性に欠けると役に立ちません。
調査報告書のサンプルを見せてもらい、きちんとした報告書が書ける探偵社かどうかを事前に確認しておくと安心です。

探偵の浮気調査で不貞の証拠を得る場合に、調査対象者が家やホテルで性行為をしている場面を映像に撮ることは、事実上ほぼ不可能に近いことです。
通常は、調査対象者が浮気相手と頻繁に会っていて仲良くしている場面や、ホテルなどに入った時、出てきた時などの映像と、文書による報告を浮気の証拠とします。

その他の浮気・不倫・不貞の証拠

探偵に依頼して入手する、浮気・不倫の証拠以外に、パソコン、携帯電話などに不貞を匂わせるメールや画像などがあれば、CDやUSBメモリーなどに保存しておくことです。

その他にも、調査対象者が北海道に出張すると言っていた日に、九州でクレジットカードを使っていたなど、嘘をついていることが分かった時の使用明細書・領収書など、メモに残したりコピーや写真を撮っておくと役に立ちます。

メモには、きちんと日時や詳細を記載しておくことで、調査対象者が嘘をついても、それをくつがえす材料になり、メモの積み重ねが、浮気の証拠を確固たるものとします。

不貞を匂わせるこれらの証拠は、探偵事務所への調査相談の時や裁判にも役に立ちます。